人生を生き急いでしまう

私も人生を生き急いだことがあります

今は、そうでもありません。

若い頃の方が生き急いでいました。

生き急いでいた時より加齢してるのに、割合先を急がないもんですね。

 

そういうもんなのかな?

皆はどんな感じがしているんだろう?

 

生き急ぐということに関して、こんなことが関係しているかもね。という記事を

過去のアメブロから幾つかピックアップしてリンクを貼りました。

 

1つのポイントは自分を「今まだそんな結果しか出せていないの?」と責める内面裁判官の存在だと思う。

もちろんその内面裁判官は自分自身なのですが、そのような心理状態になる環境が過去にあったのかもしれないです。アナタを急き立てて、罰した誰かが成長の途中で居たのかもしれない。

 

私もご立派な内面裁判官がずっといましたが、ある日、それを解雇することを決めました。

代わりに採用したのは、内面調査員。

内面調査員はジャッジしません。現状を確認して記録するだけです。もちろん責めない。

今日の進捗が進もうが、進まなかろうが、「〇月〇日 進捗〇%」と記録するだけ。

 

〇月〇日 〇〇について怒るという反応をした。 と記録するだけ。

 

内面裁判官から内面調査員への変更。

これは「認知の歪み」の修正です。

 

凄いね、これだけでどんどん修正されていくんだよ。

脳が変わって行くんだよ。

身体も自由になってきます。

 

 

人生は生き急ぐだけではもったいない。

日々の移り変わりも体で感じて欲しい。

f:id:takedamiki-J:20190221064841j:plain

刻々と変わる。同じ時は2度とこない。

 

そのためにも、いつも厳しくジャッジしている内面裁判官を断固解雇しよう。

 

 

関連ブログ

欲しい結果の前にプロセスがあるということ

ameblo.jp

 

自責・自罰タイプの方へ。自分を罰する内面裁判官ではなく、自分の状態を確認する内面調査員を採用しよう

 

ameblo.jp

 

自分を責めすぎない

ameblo.jp

 

「呪術的思考」ー真実と向き合わず、夢見ている状態とのこと

ameblo.jp

 

自罰は美徳と思い込みすぎると 体には毒

ameblo.jp

 

 

友だち追加

心体カウンセリング™ 個人セッションのご予約カレンダー
https://kinesiology.wp-x.jp/flow/reservation/

心体カウンセリング™ 個人セッションの詳細・お申込
https://kinesiology.wp-x.jp/menu-top/

講座詳細、お申込
https://kinesiology.wp-x.jp/seminar-top/

Skypeを利用したスマホタブレット、パソコンでのカウンセリング申込スマホ
https://cafetalk.com/tutors/profile/?id=34893&lang=ja