心体カウンセラー™ 武田美紀

武田美紀の脳内発信

対話のカウンセリングでストレス反応はONへ。しかしその先にも大切なことがある。

 

通常、最初は今日の「解決したい事」をお聞きします。

キネシオロジーテスト的には、

OFFがONになることが1つの目的です。

 

キネシオロジーを利用した心理カウセリングも含めて心体カウンセリング™ なのですが、

対話式のカウンセリングの段階で、

ご本人が

 

わかった!

 

そうか!

 

感覚がつかめた!

 

自分が今まで見えなかったところが見えた!

 

とハッとする時があるんです。

 

自分のパターンを見破ったというか

自分の価値観を高台から見えたような気持になる時。

 

気づき

 

気づきと呼ばれる段階です。

 

感じ方も変わるし、

身体も変わります。

 

そういう時は、もうキネシオロジーテストをしてもONになっています。

f:id:takedamiki-J:20190319212425p:plain

 

自分に落とし込めているので、OFFは出にくいです。

 

時間がたって、この気づきを忘れて同じことを繰り返してしまえばOFFになります。

 

その時は、またバランス調整が必要な時が多いでしょうね。

 

気づきを忘れてしまう時の多くは、もう自分ではなくなっている時が多いようです。

グラウンディングができていない時もそうでしょうし

解離している時もそう。

自分から抜け出ちゃったり、逃避していたりする時は

バランス調整した自分ではなくなっておりますね。

 

そもそも、自分の解離に気がつくことも大切。

グラウンディングができていない時もそうでしょうし

解離している時もそう。

自分から抜け出ちゃったり、逃避していたりするとき

自分を誰か(なにか)に明け渡してしまっているときがあると気がつくことがそもそも大切なんですが

これが自分一人ではなかなか気付けない。

 

なので、

キネシオロジーでのバランス調整を行わない対話カウンセリングでも

こういった自分のパターンに気がついた時に

ヒュウっと自分に戻ってくるわけです。

 

グラウンディングできる。

 

これがまた、次のチャンスを招きます。

 

もう一段階バランス調整をする

OFFをONにするだけじゃなくて

まだ他にも感覚器がありますでしょ?

それを利用します。

 

ほんの ほんの一例ですが

ESRという手技を使っても「気づき」をもう少し深く味わってもらう事が出来ます。

 

身体で覚えてもらいたい。

 

何を覚えるか?というと、安心感です。

 

解離していては気がつけない自分の身体の感覚をよくよく確めてもらいます。

安心感が広がるものです。

 

自分が脳でどんな幻想、妄想を創りだしているのかがよくわかります。

 

心体カウンセリング™ ではこんなことを体感する時間をとりたいと思っています。

 

解離の場合は、1回2回の個人セッションでは終わらないでしょう。

が、しかし、

回数を重ねて、今までのパターン、悩みがサーーーっと俯瞰出来た時に気が付けることってあるんです。

 

必要な時間ってあるんですよね。

 

念には念をいれて丁寧に

 

 チャンスが来た時に

f:id:takedamiki-J:20190319212425p:plain

を全身で感じてもらえると嬉しいです。

 

kinesiology.wp-x.jp

 

 

友だち追加

心体カウンセリング™ 個人セッションのご予約カレンダー
https://kinesiology.wp-x.jp/flow/reservation/

心体カウンセリング™ 個人セッションの詳細・お申込
https://kinesiology.wp-x.jp/menu-top/

講座詳細、お申込
https://kinesiology.wp-x.jp/seminar-top/

Skypeを利用したスマホタブレット、パソコンでのカウンセリング申込スマホ
https://cafetalk.com/tutors/profile/?id=34893&lang=ja