正しい言葉、真実を知りたい

子供たちと大人の1人として接して

改めて気がついたことがあった。

 

感性は様々だと知ってはいるが、

その様々な様子は幼少期から育っているし、持って生まれた才能なんだなって思う。

 

正しい言葉、正確な名称を覚えたがる傾向や

表現がアバウトでも気にならない傾向

スキンシップの好みなどあるんだけど、

その中に「真実を知りたい」という傾向もあると思えている。

 

それに気がついたのはちびっ子兄弟の会話からだった。

 

弟君が、人の会話をよく聞いている。

そして、よく記憶している。

だから、話の辻褄が合わないことが、多分気になるのだろう。

本人が意識するのはもっと大きくなってからだと思うが

「辻褄が合わない話が、気持ち悪い」という様な感覚ではないかと察している。

 

理解力も注意力も、聴く力も

大人よりよほど発達している。

姿形はちびっ子だが、中身は(脳内)は年齢より成熟しているとお見受けしている。

 

だから、

兄弟の会話でも

話がどんどん広がっていって、結果の無い展開をしているお兄ちゃんに

「で、◯◯はしたの? しなかったの? どっち?」と真実を確認していた。

 

 

この子だから。という特別扱いはしていないが

私もちびっ子達とした会話をなるべく覚えている様にしているし

わからないことはまた聴く様にしているし、

わからないことはわからない。と伝えている。

 

小さな声でも、

その日あった事を少しだけ話してくれる時は、相槌をうって話を聞いている。

小さな声だけど、楽しかったんだと伝わってくるし、

人生初の出来事を体験したんだね。と私も感じるからだ。

 

 

子供だから。という配慮が大切なこともあるが

1人の特徴を持った人格だという配慮も大切だからね。

 

f:id:takedamiki-J:20190603171538j:image

 

文章にはなんの関係もないが

私の好きな運河の写真です。