心体カウンセラー™ 武田美紀

武田美紀の脳内発信

痛いの痛いの飛んで行けってまんざら嘘でも無いらしいよ

f:id:takedamiki-J:20190711210638j:plain

写真は事実とはことなります。あくまでも参考写真です。

Stefano FerrarioによるPixabayからの画像

 



痛いの痛いの飛んで行けって言うと楽になるのって、まんざら嘘でも無いらしいよ。

 

私が小学2年生の彼に言った通りのセリフです。

 

彼がちょっと痛いところがあったので

「そう言えばさ、

痛いの痛いの飛んで行けって言うと楽になるのって、まんざら嘘でも無いらしいよ」と伝えた。

 

「これについて医学的なデータは誰も取ってないだろうけど、まんざら嘘でも無い説もあるんだって」と伝えた。

 

「えーじゃあ ◯◯(痛みとは別の気になること)も飛んで行けって言ったら治るかな?」と言うので

「しばらく言ってみて、(変化の有無を)どうなるかみてみる?

試しに言ってみて、楽になったら御の字よね」と会話した。

 

早速彼は

「◯◯飛んで行けー」と一言発した。

 

 

どうやら◯◯は腸環境と関係が深いから、腸環境が改善したら◯◯も今より楽になると思えるけど。

 

と言う話もした。

 

 

この時に、

だからお菓子はやめろとか

好きなもんだけ食べちゃダメだとか

教訓を足すのは大人の悪い癖だと思える時もあるため、

私はあえて禁止事項や理想を言わなかった。

 

おそらくこの手のことは沢山聞いているはずだと思えるし

彼は聞いたことは覚えてる。

その通りにするかどうかは別だけど、

彼は記憶力が良いのを私は知っている。

 

そして、私はと言えば

今の日常生活で会う子供たちに

心体カウンセリングをしてるわけじゃ無いので、勝手にバランス調整もしない。

 

もし私が相手が子どもとは言え、

黙って勝手にバランス調整がしたくなったら、

先ずは自分のエゴをバランス調整すると決めている。

(今のところはお陰様で大丈夫だが。)

 

 

だからこのやり取りは

伝聞やテレビとかで見た情報のシェア程度のやり取りであって

私は、自然療法信仰や潜在意識信仰などの

どこかの方向性に彼の意識を向けたいわけじゃない。

 

これらを方向性として私が提示することも良かれとも思ってない。

 

なるべく正しい表現を探すのなら

「入り込みすぎ無い」ことも大切だと思ってる。

確かに潜在意識信仰などは帝王学にも含まれてて、幼い頃から親に教えてもらう家庭もあるようだか

家庭には家庭のやり方があり、

親御さんの意向もある。

 

サポートって割と繊細な部分もあるけれど、「私が教育してあげなくっちゃ」なんて思うのは今の私のサポートの主旨からは外れてる。

 

価値観は彼が創り上げていくんだろうから、私は彼が価値観を創り上げていく過程のひと時に居合わせた。そんな存在で良いかな〜と思ってる。

 

 

ただ、

自分の家に帰ってきて、

この記事を書きながら

痛いの痛いの飛んで行け〜 や

彼がアレンジした「◯◯よ、飛んで行け〜」という言葉は

「楽になる」「今より治る」ことを信じるきっかけにはなるのかも知れないなと思えた。

 

(あぁ嫌だな。)のその先の「治るといいな」と言う段階へ意識が変わるかも。なんて思えた。

 

 


友だち追加

心体カウンセリング™ 個人セッションのご予約カレンダー
https://kinesiology.wp-x.jp/flow/reservation/

心体カウンセリング™ 個人セッションの詳細・お申込
https://kinesiology.wp-x.jp/menu-top/

講座詳細、お申込
https://kinesiology.wp-x.jp/seminar-top/

Skypeを利用したスマホタブレット、パソコンでのカウンセリング申込スマホ
https://cafetalk.com/tutors/profile/?id=34893&lang=ja