ただの仮定の話。

前回の記事に

映画「マトリックス」の中のモーフィアスのセリフを引用した。

 

takedamiki-j.hatenablog.com

 

 

そして、

私の感覚を書いた過去記事、

架空の人物、モーフィアスの感覚と似た記事を紹介した。

 

 

映画の中の登場人物と私との違いはなんだろうか?と知らぬうちに考えていたようで

ふと、答えだけが頭に浮かんだ。

 

 

モーフィアスは絶対的に信じていた事があった。

それは、預言者の言葉だったようでもあり、

救済者の登場で世界が救われるという希望でもあったように思えた。

 

 

 

ところが

私のモーフィアスのセリフに似た体験の背景にはこのような絶対的な信念は無く、

この後も体験を重ねて、ようやくその結果として「信念らしきもの」が形成されていった。

 

 

モーフィアスのあのセリフ、考え方の根底には純粋さがあるのだとしたら

私はなんだろう?なんてことが今度は頭に浮かんだ。

 

以前ホームページのコラムに書いた内容とは異なるけど一つの大きな「恩寵」なのかもしれない。

 

https://takedamiki.wpx.jp

 

 

しかし、到達点はとても似ている。

(片方はあくまで映画の話なんだけどね)

 

 

 

「それ」について考えない。っていうやり方は、

ひょっとして一番ショートカットの最短コースなのかもしれないね。

 

目の前のことに意識をもって向き合う。

それが自然に積み重なる。

 

 

自分の心体の状態を感じて

ケアして

スッキリ生きてると、

いつの間にか到着してる。

 

 

それも

案外楽しいところに到着していたりするのかもしれない。

 

f:id:takedamiki-J:20190824190530j:plain

 

 

 


友だち追加

心体カウンセリング™ 個人セッションのご予約カレンダー
https://kinesiology.wp-x.jp/flow/reservation/

心体カウンセリング™ 個人セッションの詳細・お申込
https://kinesiology.wp-x.jp/menu-top/

講座詳細、お申込
https://kinesiology.wp-x.jp/seminar-top/

Skypeを利用したスマホタブレット、パソコンでのカウンセリング申込スマホ
https://cafetalk.com/tutors/profile/?id=34893&lang=ja