心体カウンセラー™ 武田美紀

武田美紀の脳内発信

ねんねを催促される

私の名前を覚えてくれるくらいのお付き合いの小さな女の子。

 

以前この記事で彼女の事を書いた。

 

 

takedamiki-j.hatenablog.com

 

 

takedamiki-j.hatenablog.com

 

 

初めて彼女が我が家来ることになる? ならない?

ひょっとしたらお昼ご飯を食べるかもね。

その流れでお昼寝をするかもね。

という予定が現実になった。

 

 

彼女が靴を履いたまま玄関から上がったので

靴を脱がせて靴を玄関に並べるために目を離した数秒の間に

見慣れない我が家に興味津々な動きが速いちびっ子は

気がついたら、パソコンが置いてある机の椅子に座り

右手に鉛筆を持ち、左手はもっと何を掴もうと手を伸ばしている最中だった(笑)

 

見慣れないものばかりなので

楽しそうに引っ張ったり登ったりと走り回っている。

 

世界中のお母さんが毎日していることだけど

私の場合は、

「あぁ そこまで手が届くんだね」 と我が家のいろんなものと彼女の背丈について学習しましたよ。

 

 

我が家に来る前は

眠たそうにしていたのに

見慣れない家にテンションが上がったので

ご飯も食べても一向に眠たそうにならない。

 

もう少しして元気なら公園に行こうかな。と思ってたら

「ねんね、ねんね」と私を寝かそうとする。

 

私じゃなくて、あなたが寝るのよ。(笑) と言いながら

ねんね催促が激しいので横になったら

くっ付かれてくっ付かれて、幼児からのモテ期最高潮。

 

その内彼女はくっ付いたまま眠りだした。

 

 

背も伸びて

髪も伸びて

言葉も驚くほど増えて

世界が広がっていっている。

 

凄いなぁ。

成長するって凄いよね。

 

f:id:takedamiki-J:20191108232234j:plain

Daniela DimitrovaによるPixabayからの画像