スキルと素養

過日、深層リンパドレナージュのセラピスト養成コースを行いました。

その途中、途中でFacebookに投稿したものを最初にご紹介します。

 

------------

 

そろそろ、ちょっと腰が痛むかも・・・と予感がしてる所に深層リンパドレナージュのセラピスト養成講座があり、私も講座内で受講生さんの施術をうけたのですが、
やはり腰は嫌な予感が見事に去り㊗️ 軽々、楽々です。

受講生さんの手✋がとても素晴らしい手✋で、「なにか良いものが手から出てるよね❓」という感覚でした。

頭もスッキリ✨😄
身体も楽々✨😄

有難や😘
明日も楽しみです🎶

 

------------

 

この翌日がこちら ↓

 

-----------

 

上手くなり方がマッハ😳
深層リンパドレナージュ セラピスト養成講座の受講生さんの伸び方が凄い❣️
施術を受けられる私も本当にラッキーで喜んでいます🎶❤️
そして、受講生さんは施術の最中にご自分の身体も楽になったそうです㊗️ (わかる、わかる。有るんですよね、双方治癒力がアップするものね😄)
次回の3月が楽しみです。

 

------------

 

ということで、非常に印象的だったことをブログに追記しますと、

受講生さんの手からナニカ良いものが出てる。と感じたんですが

やはり単に「温かい」というものじゃなかった。

 

そう、受講生さんの手は具体的な温度は高い訳じゃなく、

エネルギーを感じようとすると「はっきり掌が違うのがわかる」。

f:id:takedamiki-J:20200216235009j:plain

John HainによるPixabayからの画像 

 

 

上は割と感覚に適したイラストだと思っていますが

実際の掌の温度より、触れられている箇所から身体へと影響する感覚がかなり高く

「やっぱり 手からナニカ出てるね」なんて話をしながら受講生さんの施術を受けました。

 

非常に安定していて、手技が初めてなんてビックリ!(◎_◎)

これは素養が元々かなりあって、その素養にマッチする手技を行うとこんな影響力を発揮しますよ。ということを目の間で見て、体感しました。

 

今までの受講生さん達も本当に皆さんお上手で

皆「いい手」をされていました。

そこにまたお1人、素晴らしい素養を持った方が加わったのです。

 

頭も体も軽いという自覚がありましたが、

もっともっと軽くなって、

こんなに軽くなるんだっけ!? というほどスッキリしました。

 

雑念は浮かぶこともなく、頭の中もシーンとして、平和で安全。

 

やっぱりこの施術、するのも幸せ、受けるのも幸せです。

 

kinesiology.wp-x.jp