あなたの中の小学生。いったい何年生?

 

マアジナル

マアジナル

 

 

元々山猿だった。

そんな 私の中に小学3年生男子がいる。

 

 

そしたら、元同僚の名刺に

小学4年生がいると書いてあるのを発見した。

 

このヒトが元同僚である。

ちなみに、このラジオを聞いてくれていた友人が、

「面白かった。笑ったよ」と感想を聞かせてくれた。(ありがとうございます)

 

友人は「美紀さんの笑い声を聞いているとつられて笑える」と感想を教えてくれましたが、そう言えばわたくし 数年間の不遇の営業マン時代も「わたしあなたの笑い声大好き!」と女性のお客様から好評でした(笑)

・・・ユンタクして笑ってたんですね。そうだ笑ってたわ。思い出した。

 

そして、自分で映像を見ていても、自分の笑い声でつられて笑いました。なんという安上がり。

 

そして今初めて気がついた。再生回数がいつもより多い。

これは元同僚効果ですな。


2020年2月25日(火) 沖縄カウンセリングラジオ

 

話を元に戻すと、1学年違うこの感覚。

面白い。

 

この1学年の違いは何だろう?

 

私には3年生の感覚しかないので、4年生がどうなのか?ということが脳内でまとめられない。推測できない。

 

で、元同僚に質問した。

「3年生と4年生の違いはなに?」と。

 

そうしたら なんと!答えが明確に返ってきた。

その時に聞いた答えが冒頭の書籍の中に登場するというシンクロがあった。

元同僚はこの書籍を読んでいたから私の質問にあんなにすんなり答えが用意されていたのだろうか?

 

物凄く簡単に書くと、3年生までは山猿。人間未満。

4年生からは猿の尻尾が切れて知性が目を覚ますそうだ。

 

またまた なんと!

私の 山猿感がどうやら当たってた。(笑)

 

山猿は考えないそうだ。

おそらく私の直感の泉は、この山猿の本能と大きく連動しているんだろうな。

 

そんなことを考えた。

 

断っておきたいのは、毎分毎秒山猿なわけではないので、私はこれでも時には考えているつもりである。

 

f:id:takedamiki-J:20191017131103j:plain