今が一番幸せなんじゃないか?と感じた知人の笑顔 

知人の知人で、私も直接の知り合いではあるAさん。

直接電話もしないし、LINEも繋がっていないため

もしなにか連絡するような事があれば、奥さんにLINEで連絡します。

奥さんとも数回一緒にお会いしています。

 

「今が最高に幸せなんだろうな~」と見ている私たちが感じる笑顔で笑っているAさんの写真を知人経由で見た。

 

良かったね~と思った。

数か月前に何名かで会った時に、本人Aさんも「今 幸せ」「窓から青い空が見える。他に何にもいらない」って言っていたんだけど、

あの後の その写真の笑顔を見た時に、「ホントに幸せなんだね~」と思った。

 

奥さんと一緒に居て幸せなんだな~

 

奥さんと一緒になって良かったんだな~って

写真のその笑顔が語っているような気がした。

 

本人も同じことを言っていたけれど、自己申告を裏付けするようなあの笑顔。

 

知り合いが幸せになるって、嬉しいですよ。

あの笑顔も良かったな~

 

いいもの見せて貰った。

 

いろんな葛藤も体験してきたはずのAさん。

ほとんど知らないけれど、ちょっとくらいは聞いている。

その当時のAさんのやりたいことをやっていて、その後も、行ける所までやったのかもしれない。

今の仕事がお休みなら、収入も無いのかもしれない。

しかし、あの笑顔である。

 

 

遥か昔は、私にとってAさんはとっつきにくい人だったし、

(そもそも直接話をする機会もなかった)

あんな風に笑うような 開き方はしていなかった。

そして、私も閉じていた。

 

月日が経って、こんなに変わったんだね~と思った。

これに関連して、私も

その時は「その結果にしょんぼりした事やがっかりした事」がありましたが、

今となってはその時、その時の結果を喜んでいる今の自分を改めて再確認した。

 

「禍福は糾えるの如し」

「凶事は吉事」

簡単に書くと「セーフ!」という感じ。

 

「私に過去のあの時、あの出来事を、叶えさせてくれなくて、神様ありがとうございます。」と大きな声で報告したい。

いや、実際に数年前、どこに居るのかわからない神様に少しでも届くと良いな~と心の中ででっかい声で、宇宙に響けと言わんばかりに

ありがとうございまーす

とお礼を言っていた。

 

その時とても幸せに満ちていたし、

それはあの時から今まで続いている。

 

暦がどうの、星の動きがどうのなどは一切関係ない。

有り難いと思った時が吉日。

 

そしたら、「そんなに大きな声で言わなくても聞こえてる。」と普通に隣の人に話すような音量で、真横から返事があったという有り難い(勝手に脳内で創ったか?)感覚があった。

この顛末を実際にお話した方は その横に居た「聞こえてる」と答えた方の描写をお伝えしていたら大笑いしていた。

f:id:takedamiki-J:20191017154145j:plain

 

過去、その時はその結果に悲しんでいたのは確かだけど、あれらが叶っていたら今は無かった。

その時は目の前のいろんなものが叶えたかったし、叶わないと嘆き悲しんでいた。

が、

それなのに、

それどころか、

その時のあれこれが叶わなくて今に至って、Aさんも幸せかもしれないが、

私も幸せだ。

 

今は、普通の大きさの声でも良いし、心の中で思うだけでも聞こえているとわかったので、アホ程でかい声でお礼を言う事はないが、

しばしばお礼を言っている。(お礼を言うためにどこかへ出かけることは無い)

 

 

将来のことは分からなかったけれど

その時その時、間違えたり、勘違いしたりしながらも手を抜かないということって大切なのかもね。って思えた。

 

Aさん、奥さん、今のお幸せ、おめでとうございます。

私もとっても嬉しいです。

f:id:takedamiki-J:20200421204528j:plain

 イメージ画像です。Aさんご夫妻ご本人ではありません。

 

 

そして、この記事を書いて、予約投稿として保存したあと

ふと思った。

 

 

何度も書いているかも知れないが、私は

アセンション!? はぁ? 」という大層冷ややかな反応をしてきた。

別に今でも興味がない。

興味がないだけならまだしも、過去の私は興味がないならほかっておけばいいものを「目を覚ませ」と言わんばかりの意見を書いたりしていた。

 

性格の悪さが丸出しの、嫌な書き方をわざとした。

今より融合・統合が低かったということがとても自覚できるが、軌跡としてご紹介します。

ほんと性格の悪さ丸出しなので申し訳ございません。

 

takedamiki-j.hatenablog.com

しかし、この後、

そんな性格の悪いことをしたものだから、謝らなきゃいけない事態になりました。

自分に返ってきますね。全部。(笑)

takedamiki-j.hatenablog.com

 

お陰様で、この反応も収まってきていて、

そんな言葉のやり取りをみても、静かにしている。

 

人様の理解の仕方はいろいろだし、求めるものもいろいろだもの。

 

 

が、そんな私が

上の文章を書いて、しばらく時間がたっている最中に

(今、こんな笑顔で笑って、幸せだと自覚しているのなら

環境や条件に左右されない内なる満足ということに思えるなぁ。

これが アセンション。というのならそれはそれで良いのかもね)と思えた。

 

アセンションを受容したら、新しい視点が沸き起こってきた。(祝)

 

ただ、それは多分、

アセンションなど意識していない人、求めていない人に起こると思えたし

アセンションとは選ばれることだから選ばれなかったらヤバイとか

私を選んで! 私は選ばれる。という考え方だとアセンションはおこらない。

囚われていない人にそれは起こるような気もする。

 

私が勝手に感じたこういったことがよしんば遠からず当たっているのなら

遥か昔からアセンションは起きているし

これからもいつでも起きる。

 

そもそも、アセンションとは「意識改革だ」というご意見を拝見したことがあるが、それなら最初から意識改革と表現されていたら良かったのでしょうね。

次元上昇とか表現されたために 厄介なことが起きたのかもしれないし、

厄介になっているのならそもそもアセンションはおきない。

 

少なくとも私は「次元」という表現にやけに引っかかってしまった。

その「次元」の定義をお聞かせください。という感じで。

 

 

意識変革と理解するのなら、Aさんはアセンション済みだと思う。

余計な事を気にしていない感じがする。

それは、アセンションなど全く無関係に、今の暮らしを実現するためにやるべきことを地道にやってきた事によって体現されている。

 

 

 

 ということが頭に浮かんだ。

あくまでも私個人の捉え方です。

 

 

マメにお会いしない仲ではありますが、

とにかく良かった。

幸せで良かったと嬉しかった。

 

 

本当に良かったな。と

 

 

補足

文中の「聞こえてる」と答えてくださった話については

サイト「こすも」に続きを書いてすでにアップしています。

cosmos358.amebaownd.com

 

 

また、このブログの続きはホームページのコラムに書きました。

takedamiki.wpx.jp

 

 

心体カウンセリング™ 個人セッションのご予約カレンダー
https://https://takedamiki.wpx.jp//flow/reservation/

心体カウンセリング™ 個人セッションの詳細・お申込
https://https://takedamiki.wpx.jp//menu-top/

講座詳細、お申込
https://https://takedamiki.wpx.jp//seminar-top/

Skypeを利用したスマホタブレット、パソコンでのカウンセリング申込スマホ
https://cafetalk.com/tutors/profile/?id=34893&lang=ja