飛びつかないでくださいね。でも、不足している方も多いのでシェア

f:id:takedamiki-J:20200511174029j:plain

 

水を飲む量と幸福度の とある研究結果 

www.msn.com

 

研究結果とはなっていますが、調査対象の年齢の幅も男女比も、なにかとわからないので飛びつかないで欲しいのですが、

それなのになぜこの記事をシェアしたかと言いますと

水を飲む量が少ない方が多いからです。

 

ずっと前、

キネシオロジーの体験講座で、

「水が足りてないようですね」とお伝えしたら

ちゃんと充分飲んでます。とのことでした。

 

量をたずねたら、「コップ1杯」でした。

1日に。

 

また別の方のお答えは、「ジュースを飲んでいるから大丈夫。水は飲まない」ということでした。

もうこれでいいから水は飲まない! ジュースは水とは違いますという意見は聞きたくない!という強い意志の方もいらっしゃいましたよ。

 

緑茶を飲んでます。と言うお答えには「水分だけではなく、『水』もお願いします。」とお伝えしています。

 

体験講座の際には、「水をご持参ください。※コーヒー、紅茶、お茶、ジュースはNGです。何も混ざっていない「水」をお願いします。」と記載してお伝えしていますが、お茶のペットボトルを買ってこられる方もいらっしゃいます。

 

多分、心と体の健康ということと、「水」の関連性が本当にピンとこないんだと思います。私も今この様なことに関わる前は同じでしたからそのお気持ちわかります。

 

 

ちゃんとした量を飲む。という

この ちゃんと というのは、もう本当に多岐に渡りまして

推奨される量も、それぞれの体質とも関係あるし、

極端に走る方は、飲み過ぎて水毒ということにもなりかねない。

 

そして、精神薬など、服薬されている方の中には

喉の渇きを感じやすい副作用がある方もいらして

そういう方は水分を取り過ぎるので医師から注意されていると思います。

そういった薬の副作用のある方は、くれぐれも推奨されている一日の水分摂取量をまもってくださいね。

 

しかし、病歴や既往歴の関係で水分摂取量を制限されている方ならいざ知らず

毎日1リットルくらいは最低飲んでも良いと推奨されるケースも多いです。

 

キネシオロジーテストでも適した水分量の確認をすることができるので

どうぞ個人セッションの際、リクエストください。

 

 

で、

最低1リットルくらいは大丈夫と言い切れるわけではありませんので

誤解の無いようにお願いしたいのですが、

ただ、それが冒頭でシェアした「ご自身の幸せ」と関係あるとしたらどうですか?

 

私が「飲んだ方が良いよ」と言うより、「飲んでみようかな」と思えるんじゃないかしら?

 

それが一応統計データというものがあるのなら少しは参考にしてもいいかと思えるかしら?

 

また、私が言うより「田中みな実さんが水を沢山飲んでいるから」とヤル気(?)が出る方も多いようですが、

 

きっかけなんてどうでもよくて、水不足着気味の方が減ると良いな~と思っています。

 

世の中にはたくさんの価値観があります。

他の価値観に耳を傾けられる時と、出来ない時がある。

 私も

「できれば水不足の方が少し減ると良いな」と思っていますが、なにがなんでも飲んで下さいという熱量はありません。

 

 

ご自分のためになると思えたら、やってみてください。

という感じです(^^)

 

 

水の飲み過ぎも身体に負担をかけるので、

適量を知ることから始めてはどうですか?

 

自分で自分の身体に訊ねる事も出来ますよ。

セルフキネシオロジー講座を受けてください。

takedamiki.wpx.jp

 

そう、おまけにチャクラ調整のストレスケア方法も学べます(^^) 

 


友だち追加

心体カウンセリング™ 個人セッションのご予約カレンダー
https://https://takedamiki.wpx.jp//flow/reservation/

心体カウンセリング™ 個人セッションの詳細・お申込
https://https://takedamiki.wpx.jp//menu-top/

講座詳細、お申込
https://https://takedamiki.wpx.jp//seminar-top/

Skypeを利用したスマホタブレット、パソコンでのカウンセリング申込スマホ
https://cafetalk.com/tutors/profile/?id=34893&lang=ja