やさしい、清らかな心の持ち主と触れ合って、私が安らいだ

年齢なんて関係ないな~

これでもか、これでもかとそんな素敵な方にご縁がある。

有り難いことです。

 

彼女は小学生。

優しくて、心の清らかさが伝わってくる。

 

「ねぇ 歳はいくつ?」と聞かれたので、

 

〇〇ちゃんのお父さんよりずっと年上だよ。と伝えた。

子どもにとっては「そ、そ、その年齢は!!!!」と腰を抜かされても困るので、ちょっと心構えをして欲しかったのでワンクッションいれた。

 

お父さんは〇歳だよ。それより年上なの?違うでしょ?と聞かれたので

年上だよ。と答えた。

 

え? じゃあ何歳?と聞かれたので、〇歳だよ。と答えたら

 

ウソ! 27歳位だと思った。と真っすぐな目で私を見ていたので、

(いや、大人になったら わかるよ。 27歳はいくら何でも言い過ぎだってことが。)と心の中で呟いて

 

27歳は違い過ぎるけど、ありがとう。とお礼を言った。

 

しかし、この小学生の彼女と、初対面ながら、それなりに長い時間を過ごしたんだけど、驚くほど違和感がない。

いつも違和感は感じないんだけど、彼女は実年齢より大人で、

女子 というより、女性的だった感じがしたし

非常に心配りが細やかで、コミュニケーション能力も発達していて、素直でやさしい。

繊細。

 

時間がきて、国籍も多分違うし、孫ほどの年齢差の彼女とお別れしたあと

(一生友達でいたいな)と思ったほど。

 

この日は他のサポーターさんのピンチヒッターだったので

私が彼女に会えるチャンスはもう無い可能性が高い。

 

が、しかし、

一緒にピットブル君たちをなでたり、

宿題をしたり

オセロをしたり

公園へ歩いていったり、

遊具で遊んだり、

レトリバー達を撫でたり、

海へいって貝拾いをしたり、

ヤドカリを見物した後に 彼女の「命に対しての考え方」を聞いて感動したりと

彼女が、初対面の大人と楽しい一日を過ごせると良いなと思って同じ目線で遊んだ。

 

彼女も甘えたい時は素直に甘えて、可愛い。

 

でも、こんなに歳の差はあっても、友達みたい。

お姉ちゃんになった気分にも似ている。仲のいい妹のような気持にもなった。

 

どの子に会っても、いつも願うのは、

どうぞ素敵な人生を送ってもらいたい。ということだ。

 

ヒトに恵まれると良いな。ということも。

 

成長していく時に、いろんな体験をしたり、見たり、聞いたりするだろうけれど

それでも、今の感性も持ち続けらえるような彼、彼女で居てもらえると嬉しい。

 

1度しか会わない子も、お馴染みの子のことも、

神様是非ぜひ頼みます。というような気持になる。

 

f:id:takedamiki-J:20200518201011j:plain

f:id:takedamiki-J:20200518200925j:plain

f:id:takedamiki-J:20200405033138j:plain

f:id:takedamiki-J:20200331215547j:plain

f:id:takedamiki-J:20200331010207j:plain

f:id:takedamiki-J:20200310093511j:plain