下がっても 上がるところはある

前回の記事をFacebookファンページでシェアする時に書いたコメントです。

 

 

takedamiki-j.hatenablog.com

 

----

うん、楽しい😊

 

私がわかる情報は伝えたり、また別の視点の話をしたりする時もあります。

 

彼は株なども興味があるので、
「コロナの影響で世の中は大変だね。こんな時に業績の上がる、評価の上がる、株価の上がる会社や業界はどこだと思う❓」と質問したら、自分で考えて幾つか候補をあげていました。😄

合ってるかどうかも大切だけど、考えてみる。という大切さってあると思う。

 

----

 

株の話をしたのは

コロナ第一波の まだ世の中が(もちろん私も含めて)これについてどう対処したら良いのか? この先どうなるのか? 戸惑い(浮き足立ち)が始まった頃の会話です。

 

この少し後から

コロナの影響で子供のサポートもほぼない無くなった時期もありました。

 

 

私はよく、

人間の心理、行動、精神の現象について

巻き取られる。とか、飲み込まれる。という私自身の感じ方の表現を使います。

 

takedamiki.wpx.jp

 

経済は

この集団心理によって儲けを出すものと

集団心理のその先を読んで儲けを出すものがあります。

 

その先を読むというのは、

集団心理で冷え込み現象が起こるが、その先にまた温まる時期が来るということも含めて。

 

 

トレーダーさんなどは

社会情勢や経済動向に

巻き取られたり

飲み込まれたりしていては

おそらく結果が出せないんじゃないかと想像してます。

 

今と、その先を同時に見てて

下手したら、またまたその先を見てたりするんでしょうか。

(だからと言って、トレーダーさん達が人間関係についてもその能力を活かしているかは別です。そこはやはりコミュニケーション能力という異素材の伴いが関わってきます。経済を読むのと、ヒトのココロを読むのは違うという体験をした事があります。当たり前ですが、人は興味のないことは割とハッキリしているもんだな~と思いました。)

 

 

ですから

こう言った世界的な経済の冷え込みを利用して、とにかく儲けてる方もいるはずです。

こんなに冷え込んだら、その逆に笑いが止まらないほど儲ける方がいそうですし

利益を出したいから情報操作をするなんてのは

世界を牛耳ってる黒幕じゃなくたって、そこら中にありますよ。

世界も、自分のすぐ近くも相似形を成してます。

 

takedamiki.wpx.jp

 

世界の黒幕を糾弾しなくても

私達の身の回り、そこら中にある、利益を出したいが故の情報操作を回避できるだけでも、十二分にリスクヘッジになると考えてます。

 

という事は

やっぱり

巻き取られたり

飲み込まれたりすることも程度問題で留められる方が良い気がします。

 

 

世界の黒幕に意識が向きすぎて

自分の足元が疎かになる事だってありますよ。

 

こういうこともバランスが大切ですね。

 

違う言葉で言うと【脳コチョコチョ】みたいな事です。

 

takedamiki.wpx.jp

 

中学生の彼氏君は、ご両親が海外の方なので

日本に住んでると染まりやすい考え方からはやはり少し外れてる。

ご両親も海外の情勢の話と、日本の報道のされ方について意見をおっしゃるようです。

 

 

染まると言う事が大切なケースもあるだろうし、

染まらない事が大切なケースもあると思います。

 

なにかしらが下がっても、違うところは上がることがある。という視点も大切ですね。

 

 

ですから、

中学生の彼氏君には

彼の強みについても話をします。

 

彼も私から見た彼の強みの話を理解したうえで

彼自身の自覚する強み、将来性があるわけですが、それを自覚したうえで

今感じる苦手をどうするのか?

当面どうしていくつもりか?

なんて話をする時がたまーーーーにあります。

 

下がってる訳じゃないけど、 得意には感じないそれらをどう扱うのか? それが上がるとどうなるのか? 上げてみるか?トライするか?

 

こんな話をほんのたまーーーーにする時があります。

 

 

考えることや視点を変えるレッスンのような事を彼は既に自ら行っているし、

そこに時々混ぜて貰ってます。  

楽しいです。

 

彼の視点の話を聞くのも楽しいし

今の中学生事情を聞くのも楽しい。

 

 

メタ認知って、生活に根差して生きるものだと私は思ってます。

 

f:id:takedamiki-J:20200913100401j:plain

 

 


友だち追加

心体カウンセリング™ 個人セッションのご予約カレンダー
https://https://takedamiki.wpx.jp//flow/reservation/

心体カウンセリング™ 個人セッションの詳細・お申込
https://https://takedamiki.wpx.jp//menu-top/

講座詳細、お申込
https://https://takedamiki.wpx.jp//seminar-top/

Skypeを利用したスマホタブレット、パソコンでのカウンセリング申込スマホ
https://cafetalk.com/tutors/profile/?id=34893&lang=ja