得意技は様々

サラッとお話されていますが、

色々なエッセンスが入っているように感じました。

 

ヒトに興味がある。とはどんなことでしょうね(^^)

 

コメント欄も読んでみてください。

 


【UG】プペルを無料公開せよ!ヨシモトを辞めたキンコン西野の王国建設論 / OTAKING talks about upcoming tasks for Nishino and Nakata

 

あと、この動画で設定されている

それぞれの人生観や価値観が面白いですね。

 

 

なにかを伝える際に、分かりやすいのと、本質を理解しているのかもまた別物だと思います。

 

それは、何を伝えているのか?のその元が違えば、言葉も違ってきますものね。

 

あと、

男性的な思考

女性的な思考がもしあるとしたら

中性的な思考もあるだろうな~と思えているのですが、

グラデーションがあるために、そうキッパリA、B、Cみたく振り分けられるものでもないですが。

 

そして、生物学的な性別は女性でも、ビジネス界で成功する事がとっても好きな方も居ますし、競争が大好きな方も居ますし

カリスマ願望もヒーロー願望も、救世主になりたい方もいらっしゃる。

 

生物学的な性別は男性でも、競争に興味が無い方も、家事や家庭経営が好きな方もいらっしゃる。

 

そう思った時に、

(次回のブログでご紹介する予定ですが)

ホームページのコラムに書いたような

「抜ける」「解脱する」「上へ上へと繋がろうとする」「絶対的な安心感を、ナニカと一体化して得ようとする。」「覚醒者となる」これに付随して「自己評価を高く確立したい。」というような事は、

ある意味では男性的、ある意味女性的ということになるのかもしれない。

takedamiki.wpx.jp

 

生物学的に男性だって女性性はあるし

生物学的に女性だって男性性はあるし

その割合やバランスはひとそれぞれですが

今回ご紹介したYouTubeに登場されている3名?4名?を拝見していて

「男性的な発想(やり方)だな~」としみじみと感じました。

 

それに続いて、ふと、(仏教ではなくて)「ブッダ」は中性的だったんじゃないかな?なんて感じがした。

 

 

ただ思いついたことですが、

この続きはまた次回書きますね。

 


友だち追加

心体カウンセリング™ 個人セッションのご予約カレンダー
https://takedamiki.wpx.jp/flow/reservation/

心体カウンセリング™ 個人セッションの詳細・お申込
https://takedamiki.wpx.jp/menu-top/

講座詳細、お申込
https://takedamiki.wpx.jp/seminar-top/

Skypeを利用したスマホタブレット、パソコンでのカウンセリング申込スマホ
https://takedamiki.wpx.jp/flow/