ひな祭り 3月3日

Facebookに投稿したように、

3月3日はちびっ子君と夕食を食べました。

 

生ものを避けた手巻きずしを用意しました。

その手巻きも、

お米はちらし寿司にして、

ちらし寿司のご飯を、海苔で巻いて食べました。

 

一応予想通り、

ある程度手巻き寿司を食べた後は、

具だけを食べるという展開でしたが

ちびっ子君が美味しそうに食べくれたので良かったです。

 

卵焼きが好きなようで、

結構多めにつくった手巻きずし用の卵焼きを食べ終わっても

「卵が食べたい」というリクエスト。

 

お母さんの元に送り届ける時間もあったので

「卵はもう終わりだよ」と伝えましたが

「冷蔵庫にある」と見事に見抜かれておりましたよ。(笑)

 

「目玉焼き? さっきみたいな焼いたやつ?」と尋ねたら

「卵焼き」という事でしたので

すぐさま焼きました。

 

これも非常に喜んで食べていました。

よかった。よかった。

 

 

前回、汁物をおかわりしたので、

この日はわかめスープを多めに作ったのですが

「これ美味しいね」と沢山スープも飲んでくれていましたよ。

 

車でお母さんの元に送ったのですが、

チャイルドシートに乗っている間ずっと

保育園でつくったお内裏様とお雛様の紙細工を手に持っていて

お母さんに渡すのを楽しみにしている様子も可愛いですよ。

 

私も一緒になって楽しみになりましたもの。

 

 

保育園の帰りに、長い滑り台のある公園で遊びました。

 

夕陽をみて「お月様」という気持ちや

お腹が空いたから家に帰ってご飯食べよっか。と帰宅を促した時に「もう一回、もう一回」、といって滑り台を満喫している姿や、

滑り台で年上のお姉ちゃんと仲良くなって楽しそうにしていたり、

日が暮れて暗くなった窓の外を見て「夜になってる」という感想を聞いたりして

ただただ可愛かった。

 

 

歩く時に、保育園で教えてもらっているであろう

「手をつないで」という言葉も

声も手の小ささもただただ可愛い。

 

 

私が参加しているのは、有償ボランティアでのサポートですが

ちびっ子達のあの楽しそうな顔を見られるのは非常に幸せです。

また、子どもが食べるものに困るのは 私もちょっと辛いので

肥満で食べ過ぎによって健康が害さないのなら

お腹いっぱい食べて、幸せを感じて欲しいですね。

 

 

彼の人生のHAPPYを願ってやまない。

 

f:id:takedamiki-J:20200518201011j:plain