ミキチャンだけ。の意味とは?

 

 

あんなに小さかったのに

自分で「お姉さんだよ」と言うようになった女の子。

どんどん成長していく。

 

ママによると、私と会う日を楽しみにしてくれているそうだ。

 

学校で

「ミキチャンだけ!」と言っていたらしく

先生がお母さんに「ミキチャンって誰ですか?」と訊ねたそうです。

 

私はその話を聞かせて頂いて

(ナニを私だけと思ってくれたのだろうか?)と疑問に思った。

 

主語はなんだろうか?

 

 

そう、ふと 啓示のようなものが 

(えっ!? 今誰が喋ったの? 頭の中で聞こえたけど、私じゃないよね?喋ったのは)

と聞こえたような気がした事が過去数回あったと記憶しているが

あれが啓示的なものなのか、無意識過ぎる内部対話の一片なのかは証明ができない。

 

しかし、この手のものにも、先程の女の子同様に主語が無いんである。

 

どういう意味かというと、

(もう大丈夫)と聞こえたような気がしたとしましょうか。

(えっ!?ナニガ大丈夫なのか?主語を教えて!)と思った事がある。

というような意味の「主語は何?」です。

 

 

彼女ちゃんは、

いったい私をどのような意味で「ミキチャンだけ」と限定してくれたのであろうか?

 

謎である。

 

f:id:takedamiki-J:20210726002352j:image

懐かしい冬の写真を

あえてアッツイ今の時期に載せてみた。