なにをしているの? と聞かれて

 

 

「普段何をしているんですか?」と質問されました。

 

とっさに、自分が何をしているのか意識に登らず

「なんにもしていません」と答えた。

そして、

「良い質問ですね。私は一体何をしているんだろう?と考えちゃいました。

ハハハーーー」

と笑いました。

 

虚を突かれた。とはこんな感じ? というほど、

(そういえば私は何をしているんだろう?)としばし考えちゃった。(笑)

 

 

日を改めて、2日連続で

「普段何をしているんですか?」と質問されて

またまた同じく、

「なんにもしていません」と答えて笑いました。

 

 

しかし、最近ちょっとやる事が多くて

前みたいにノンビリ、ゆっくりしていない。

しかし、何をやっているのか?と質問されて答えられない。(笑)

 

 

理由がわかりました。

 

それは、心体カウンセリング™・セラピー・ケアなどに関して

「それを わざわざやっている」という意識すらもう無いことに気がつきました。

 

当たり前過ぎて、タスクにすら入っていないというか、

呼吸と一緒な感じです。

 

 

ですから、

「普段何をしているんですか?」と質問された時に

  • ブログを書くとか
  • ホームページを管理するとか
  • 問い合わせに応対するとか
  • 予約枠を整える
  • 事務仕事
  • 個人セッションを行う

というようなこれらは、「ナニカをしているという感覚がない」という意味では

健康な状態で生活している時の

「呼吸をしている」

と同列になっていました。

 

 

これになかなか気がつけないほど、自分と一体化しているんですね。

人生そのものになっていると思う。

私の人生には今までも、今も、これからも、色んなことがあるだろうけれど、どんどん自分と一体化してきたし、していくのでしょうね(笑)

 

ですから、冒頭の質問をもし、もう一度されたら、次は

「個人事業についてアレコレやっています」と答えることができます。

 

また、

「ミキさん、やったら良いよ」「できるはずよ」と有り難く勧めて頂いたことがあります。

それを今、学生時代からずーーーーーーーーっと苦手で避けていて、苦手な割には、なんとかなってきたものだから、余計に、これについては今回の人生で改めて学び直しはしなくて良いや。と思っていたくせに

薦めて頂いたことを好機と捉えてやり始めた勉強があります。

 

そう、私の人生には、全然そのつもりが無かったのに、

「やったら良いよ」と勧められたことにより、

その流れにやけに素直に乗って、気合というより、(やってみよっか)と気楽な感じで勉強して資格を取ったことが過去にもありました。

 

それが宅地建物取引主任者

この宅地建物取引主任者は、気楽に始めた割には、私の頭脳にはすごく大変で、

(なんで私はこんなに苦労してこの勉強をやっているんだろう?)と思ったものだから、「受験は1回。この1回で合格しなかったらもう勉強しない」と途中で決めましたよ。

 

運良く、1回で合格しましたが、気楽に始め過ぎて、そもそも受験生の心得など全てにおいて訳が分かっていなかったので、自己採点もしておらず、合格発表まで、何一つ安心材料は有りませんでした。

あの時は、奇跡の瞬間最大風速が吹きましたね~

 

ありかたや、ありがたや。

 

そして、今また、学び直しをしていることがあるのですが、

これがまた時間がかかっています。

なんせ、学生時代依頼手付かずですから。

 

勧めて頂くことが無かったらやらなかった。

有り難いです。

こういった、ご縁やある種の流れのようなものにドンブラコと乗らせて頂いて、お世話になっております。

 

 

そんなこんなで、

生活リズムが変わって、それに慣れてきているところです。

 

新しい生活スタイルの楽しさを知るようになってきて

かつ、これまで行ってきた自分の仕事も引き続き行いつつ

勉強もしている。

 

ということになっていると、そんなにボケ――――――っとしている時間も無くて、

それはそれで今は楽しめています。

 

有り難いです。

 

引き続き健康にやっていきたいです。

機嫌良くやっていけたら非常に嬉しいです。

 

f:id:takedamiki-J:20210925095455j:plain

f:id:takedamiki-J:20210920214831j:plain